雇用形態を考えて薬剤師も転職をすべき

今は成果主義の時代

薬剤師も雇用形態を考えて転職をする時代 | 正社員ならやりたいことが出来るのか? | 今は成果主義の時代

今は成果主義の時代で、これからもどんどんと成果重視ということになるでしょうから、自分のやりたいことをやって成果を出すことが最も大切です。
やりたいことではない場合には、モチベーションの関係でなかなか成果を出しにくいということがあります。
報酬という点では成果を出せば今はほとんどのところが報酬を上げてくれます。
そうしないと、その人材が他にとられてしまうからです。
ですから、雇用形態がいいとか、待遇がいいとかいうようなことを重視しても長期的にはあまり意味はないと考えていいでしょう。
大事なことは成果をだすことです。
特に転職をする人材に求められるのは、即戦力として成果を出すことが求められています。
それも、長期的にではなく短期的に比較的早く成果を出すことが求められているといえるでしょう。
ですから、成果を出せる環境というものがとても大切になるわけです。
成果を出していけば、当然報酬というものも待遇というものも良くなっていきます。
逆に成果が出せなければ悪くなるということもあるわけです。
こう考えると、転職をするときの待遇などの条件というのは、一時的なもととして考えるべきものです。
ある意味では様子見の待遇と考えるといいでしょう。
それを良くするのも悪くするのも自分次第ということです。